天皇杯サッカー2022の組み合わせと結果速報!優勝予想はこのチーム!

サッカーファンの皆様、こんにちは。

 

皆さんお待ちかねの2022年のJリーグ3大タイトルの一つ、天皇杯JFA全日本サッカー選手権大会が5月21日(土)、22日(日)から始まります。

 

2022年はワールドカップ・カタール大会が11月・12月に行われることから例年より日程が早く10月16日に決勝が行われます!

 

2021年は浦和レッズが優勝で幕を閉じましたが、終了間際の槙野の決勝ゴールは、浦和でのラストゲームということもあり、胸が熱くなるものもありましたね。

この天皇杯はアマチュアも参加している為、毎年名物となっているのが、「ジャイアントキリング」です。

 

明らかに格下だと思われていたチームが、格上チームを倒す「ジャイアントキリング」。

格上チームにとっては、たまったもんじゃないですが、見てる方は面白いですよね。

 

意外とサッカーは、弱いチームが粘って粘って、PK戦で勝ったりとか、弱いチームが、何かの拍子に入った1点をギリギリ守り抜いたりがあるんですよね。

 

それも含めて、楽しみな対戦カードや結果を見てみましょう!

 

ちゅーことで、今回は、

  • 天皇杯サッカー2022の組み合わせと結果速報!
  • 天皇杯サッカー2022の優勝予想!
  • まとめ

をお伝えしていくけんね!

2022年天皇杯サッカーの放送予定を確認したい方はこちら

天皇杯サッカー2022のテレビ放送予定まとめ!再放送・見逃し配信や無料動画も調査!

天皇杯サッカー2022の組み合わせと結果速報!

1回戦

 

No. 日時 対戦カード 会場
1 5/21 札幌大学(北海道) vs 山梨学院大学PEGASUS(山梨県) 札幌厚別公園競技場
2 5/21 ヴェルフェ矢板(栃木県) vs 長井クラブ(山形県) 栃木県グリーンスタジアム
3 5/21 松本山雅FC(長野県) vs 北陸大学(石川県) サンプロアルウィン or 長野Uスタジアム
4 5/21 FC今治(愛媛県) vs 沖縄SV(沖縄県) ニンニジアスタジアム
5 5/22 上武大学(群馬県) vs 富士大学(岩手県) アースケア敷島サッカー・ラグビー場
6 5/22 鹿児島ユナイテッドFC(鹿児島県) vs ギラヴァンツ北九州(福岡県) 白波スタジアム
7 5/22 ヴァンラーレ八戸(青森県) vs 新潟医療福祉大学(新潟県) プライフーズスタジアム
8 5/21 FC岐阜(岐阜県) vs 中京大学(愛知県) 岐阜メモリアルセンター長良川球技メドウ
9 5/22 MD長崎(長崎県) vs FC神楽しまね(島根県) 長崎市
No. 日時 対戦カード 会場
10 5/22 福井ユナイテッドFC(福井県) vs 同志社大学(京都府) テクノポート福井スタジアム
11 5/21 アルテリーヴォ和歌山(和歌山県) vs 関西大学(大阪府) 和歌山県紀三井寺公園陸上競技場
12 5/22 奈良クラブ(奈良県) vs Honda FC(アマチュアシード) ロートフィールド奈良
13 5/22 鈴鹿ポイントゲッターズ(三重県) vs Cento Cuore HARIMA(兵庫県) 三重交通Gスポーツの杜鈴鹿 サッカー・ラグビー場
14 5/22 高松大学(香川県) vs 周南公立大学(山口県) Pikaraスタジアム
15 5/22 Brew KASHIMA(佐賀県) vs 高知ユナイテッドSC(高知県) 駅前不動産スタジアム
16 5/22 ガイナーレ鳥取(鳥取県) vs ヴェルスパ大分(大分県) Axisバードスタジアム
17 5/22 桐蔭横浜大学(神奈川県) vs 立正大学(東京都) レモンガススタジアム平塚
18 5/22 MIOびわこ滋賀(滋賀県) vs 環太平洋大学(岡山県) 布引グリーンスタジアム
No. 日時 対戦カード 会場
19 5/22 カターレ富山(富山県) vs 藤枝MYFC(静岡県) 高岡スポーツコア サッカー・ラグビー場
20 5/22 筑波大学(茨城県) vs ブリオベッカ浦安(千葉県) ひたちなか市総合運動公園陸上競技場
21 5/22 福山シティFC(広島県) vs FC徳島(徳島県) エディオンスタジアム広島
22 5/21 福島ユナイテッドFC(福島県) vs ノースアジア大学(秋田県) とうほう・みんなのスタジアム
23 5/21 ホンダロックSC(宮崎県) vs マリーゴールド熊本(熊本県) ユニリーバスタジアム新富
24 5/21 ソニー仙台FC(宮城県) vs 東京国際大学FC(埼玉県) キューアンドエースタジアムみやぎ

※予備日は5/23(月)

 

 

2回戦

No. 日時 対戦カード 会場
25 6/1 川崎フロンターレ(J1) vs No.1の勝者 等々力陸上競技場
26 6/1 東京ヴェルディ(J2) vs ブラウブリッツ秋田(J2) 味の素スタジアム
27 6/1 湘南ベルマーレ(J1) vs No.2の勝者 レモンガススタジアム平塚
28 6/1 ジュビロ磐田(J1) vs No.3の勝者 ヤマハスタジアム
29 6/1 アビスパ福岡(J1) vs No.4の勝者 ベスト電器スタジアム
30 6/1 FC町田ゼルビア(J2) vs いわてグルージャ盛岡(J2) 町田GIONスタジアム
31 6/8 FC東京(J1) vs No.5の勝者 味の素スタジアム
32 6/1 V・ファーレン長崎(J2) vs No.6の勝者 トランスコスモススタジアム長崎
33 6/1 鹿島アントラーズ(J1) vs No.7の勝者 カシマサッカースタジアム
No. 日時 対戦カード 会場
34 6/1 FC琉球(J2) vs 大宮アルディージャ(J2) タピック県総合ひやごんスタジアム
35 6/1 ガンバ大阪(J1) vs No.8の勝者 パナソニックスタジアム吹田
36 6/1 大分トリニータ(J2) vs No.9の勝者 昭和電工ドーム大分
37 6/1 名古屋グランパス(J1) vs No.10の勝者 パロマ瑞穂ラグビー場
38 6/1 ジェフユナイテッド千葉(J2) vs ツェーゲン金沢(J3) フクダ電子アリーナ
39 6/1 セレッソ大阪(J1) vs No.11の勝者 ヨドコウ桜スタジアム
40 6/8 ベガルタ仙台(J2) vs No.12の勝者 ユアテックスタジアム仙台
41 6/1 横浜F・マリノス(J1) vs No.13の勝者 ニッパツ三ツ沢球技場
42 6/1 ファジアーノ岡山(J2) vs 栃木SC(J2) シティライトスタジアム
No. 日時 対戦カード 会場
43 6/1 清水エスパルス(J1) vs No.14の勝者 IAIスタジアム日本平
44 6/1 京都サンガFC(J1) vs No.15の勝者 たけびしスタジアム京都
45 6/1 サガン鳥栖(J1) vs No.16の勝者 駅前不動産スタジアム
46 6/1 アルビレックス新潟(J2) vs ロアッソ熊本(J2) ビックスワンスタジアム
47 未定 北海道コンサドーレ札幌(J1) vs No.17の勝者 札幌厚別公園競技場
48 6/1 ヴァンフォーレ甲府(J2) vs No.18の勝者 JITサイクルインクスタジアム
49 6/8 ヴィッセル神戸(J1) vs No.19の勝者 ノエビアスタジアム神戸
50 6/1 水戸ホーリーホック(J2) vs レノファ山口FC(J2) ケーズデンキスタジアム水戸
51 6/1 柏レイソル(J1) vs No.20の勝者 三協フロンテア柏スタジアム
No. 日時 対戦カード 会場
52 6/1 徳島ヴォルティス(J2) vs No.21の勝者 鳴門・大塚スポーツパークポカリスエットスタジアム
53 6/1 浦和レッズ(J1) vs No.22の勝者 浦和駒場スタジアム
54 6/1 モンテディオ山形(J2) vs ザスパクサツ群馬(J2) NDソフトスタジアム山形
55 6/1 サンフレッチェ広島(J1) vs No.23の勝者 福山通運ローズスタジアム
56 6/8 横浜FC(J2) vs No.24の勝者 ニッパツ三ツ沢球技場

 

 

3回戦

No. 日時 対戦カード 会場
57 6/22 No.25の勝者 vs No.26の勝者 未定
58 6/22 No.27の勝者 vs No.28の勝者 未定
59 6/22 No.29の勝者 vs No.30の勝者 未定
60 6/22 No.31の勝者 vs No.32の勝者 未定
61 6/22 No.33の勝者 vs No.34の勝者 未定
62 6/22 No.35の勝者 vs No.36の勝者 未定
63 6/22 No.37の勝者 vs No.38の勝者 未定
64 6/22 No.39の勝者 vs No.40の勝者 未定
No. 日時 対戦カード 会場
65 6/22 No.41の勝者 vs No.42の勝者 未定
66 6/22 No.43の勝者 vs No.44の勝者 未定
67 6/22 No.45の勝者 vs No.46の勝者 未定
68 6/22 No.47の勝者 vs No.48の勝者 未定
69 6/22 No.49の勝者 vs No.50の勝者 未定
70 6/22 No.51の勝者 vs No.52の勝者 未定
71 6/22 No.53の勝者 vs No.54の勝者 未定
72 6/22 No.55の勝者 vs No.56の勝者 未定

※予備日は6/29(水)

 

 

4回戦

No. 日時 対戦カード 会場
73 7/13 No.57の勝者 vs No.58の勝者 未定
74 7/13 No.59の勝者 vs No.60の勝者 未定
75 7/13 No.61の勝者 vs No.62の勝者 未定
76 7/13 No.63の勝者 vs No.64の勝者 未定
77 7/13 No.65の勝者 vs No.66の勝者 未定
78 7/13 No.67の勝者 vs No.68の勝者 未定
79 7/13 No.69の勝者 vs No.70の勝者 未定
80 7/13 No.71の勝者 vs No.72の勝者 未定

※予備日は7/20(水)

 

 

準々決勝

No. 日時 対戦カード 会場
81 9/7 未定 未定
82 9/7 未定 未定
83 9/7 未定 未定
84 9/7 未定 未定

※4回戦終了後に再度組み合わせ抽選を行う。

※予備日は9/28(水)

 

 

準決勝

No. 日時 対戦カード 会場
85 10/5 未定 未定
86 10/5 未定 未定

※4回戦終了後に再度組み合わせ抽選を行う。

 

 

決勝

No. 日時 対戦カード 会場
85 10/16 No.85の勝者 vs No.86の勝者 日産スタジアム

 

 

 

 

天皇杯サッカー2022の優勝予想!

さぁ、お待ちかねの優勝予想ですが、天皇杯の特徴としては、

  1. 開催期間が長い
  2. J1・J2の上位のチームは、普段対戦することのないチームとの試合がある
  3. 1試合で決まるノックアウト方式

等があり、「ジャイアントキリング」に象徴される様に、何が起きても不思議ではない大会です。

 

と、いきなり予想が外れた時の言い訳から入りましたが、真剣に予想したいと思います。

 

2022年はワールドカップ・カタール大会が行われることから、ルヴァンカップを含めACLに出場する4チーム(川崎フロンターレ横浜F・マリノス浦和レッズヴィッセル神戸)はかなりタイトな日程と移動を強いられることが予想されます。

しかし、「ジャイアントキリング」が名物の天皇杯でも、自力ではやはりJ1のチームが取りこぼしが少なく、圧倒的に有利ですね。最後はやはりJ1のチームが残るのではないでしょうか。

さらに、天皇杯優勝チームにはACL出場権が与えられることから、ある程度リーグでは中位に位置しても、天皇杯に賭けてACL出場権を狙うこともあります。

そこで優勝候補として、今季ACLに出場せず、選手層が厚く、ある程度基盤があるチームをいくつか取り上げたいと思います。

 

FC東京

今シーズンの開幕戦はいきなり多摩川クラシコで、惜しくも1-0で川崎フロンターレに敗れたものの、今シーズンから就任したアルベル監督の攻撃的なサッカーの片鱗を見せ、期待も高くなっています。

特に新戦力の台頭も著しく、高卒ルーキーの松木玖生や、若手の安部柊斗渡邉凌磨紺野和也などが出場時間を増やし、LSBの小川諒也は日本代表LSBの長友佑都を差し置いて、LSBのファーストチョイスとなっています。

既存のアダイウトンレアンドロといった強力な外国人選手に加え、今シーズンはGKスウォヴィク、CBエンリケ・トレヴィザンといった実力者が加入し、さらに盤石な布陣となってきました。

森重真人永井謙佑といったこれまでの主力も健在で、これからアルベル監督のサッカーがチーム全体に浸透していけば面白い存在になるのは確実でしょう。

 

 

鹿島アントラーズ

Jリーグ屈指の名門でありますが、昨シーズンは成績不振により監督交代し、激動のシーズンを送りました。これまで、主力を放出してはまた新たな主力が台頭してくるという王者のサイクルが順調にいっていましたが、ここ最近はそれが上手くいってない印象です。

そんな中、ジーコから始まりこれまでブラジル人の監督・選手が中心だったクラブにおいて、クラブ史上初の欧州からの監督招聘を行いました。

新監督に就任したスイス人のレネ・ヴァイラー監督はスイス代表監督の候補にも挙がった実力者で、攻撃的なカウンターサッカーを主流としています。

荒木遼太郎松村優太といった若手をどう大成させるのかも楽しみですし、上田綺世もエースとして成長してきた中で、鈴木優磨がシント・トロイデンから復帰しました。

ここ数年無冠に終わっているチームにおいて、今シーズンのタイトル奪取は至上命題といっても過言ではありません。

ヴァイラー監督の戦術が鹿島のサッカーにどんな変革をもたらすのか。

選手は十分揃っているだけに楽しみですね。

 

 

ガンバ大阪

今シーズンからガンバ大阪の監督に就任したのは、昨年準優勝に終わった大分トリニータを率いていた片野坂知宏監督です。

九州のクラブ初の天皇杯決勝進出や、主力が多く抜ける中である程度J1で戦い抜くことが出来たのも片野坂監督の力なくしては成し遂げられなかったことでしょう。

ぜひ昨年の雪辱を果たして欲しいですね。

戦力面でも、エースの宇佐美貴史の長期離脱は痛いものの、昨年のベースを残しつつ、十分な戦力を保っています。

もう少し上位にいてもおかしくない陣容ですね。

そこに片野坂監督の戦術が浸透していけば、天皇杯を制し、ACLに再び返り咲く可能性も十分にあると思います。

皆さんの予想はいかがですか?

 

ただ今大会は、本当に過密日程になりそうですね…。J2の下克上もあるかもしれません。どうなるか楽しみです!

 

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

今回は、『天皇杯サッカー2022の組み合わせ・日程に加え、優勝予想までをお伝えしました。』と題してお伝えしました。

 

J1J2のチームはもちろん、47都道府県の代表大学生まで参戦しているので、見ていて新鮮ですし、プロのチームがアマチュアと対戦することによって、プロのレベルが、より分かりますよね。

 

今シーズン、イングランドのFAカップではアーセナルマンチェスター・ユナイテッドトッテナムレスターといった上位クラブが2部のクラブに敗れたように、天皇杯でも本場イングランドと同様の「ジャイアントキリング」が起こる可能性は十分にあります。

 

J1やJ2のチームは、リーグ戦や他のカップ戦を戦う中で、ずっと好調なチームはありませんから、調子を落とした時や、ターンオーバーを組んでチーム力が落ちた時に、一発勝負の天皇杯に当たって、負けてしまう事もあります。

 

運も味方につけながら、2022年の天皇杯を制するのは、どのチームになるでしょうか?

 

2022年も興奮と共にお伝えしていきます!

 

2022年天皇杯サッカーの放送予定を確認したい方はこちら

天皇杯サッカー2022のテレビ放送予定まとめ!再放送・見逃し配信や無料動画も調査!

いつもありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました