UEFAヨーロッパカンファレンスリーグとは?出場権やレギュレーションを徹底調査!

今シーズンから、UEFA主催の大会として、“UEFAカンファレンスリーグ”が新たに始まりました。

 

ヨーロッパでの大きな大会と言えば、まずUEFAチャンピオンズリーグUEFAヨーロッパリーグが思い付く方は多いですよね。

 

今回調査したUEFAカンファレンスリーグは、チャンピオンズリーグヨーロッパリーグに次ぐ大会として創設されましたが、このUEFAカンファレンスリーグについては、日本でもTV中継がなく、いまいちどういう位置づけなのか、よく分からない方もいるかもしれません。

ということで今回は、UEFAカンファレンスリーグについて

  • UEFAカンファレンスリーグとは?
  • 出場権
  • レギュレーション
  • まとめ

という順にお伝えしていきます。

UEFAカンファレンスリーグとは?

UEFA主催のチャンピオンズリーグ、ヨーロッパリーグに次ぐ、第3の大会です。

各国リーグの中堅クラブ、カップ戦優勝クラブ、チャンピオンズリーグ予選敗退クラブなどが参戦して行われます。

 

 

創設背景

このカンファレンスリーグの創設の目的は、5大リーグとの格差是正を図ることです。

近年、チャンピオンズリーグ、またヨーロッパリーグで上位に進出するクラブは、プレミアリーグラ・リーガブンデスリーガセリエAリーグアンの5大リーグのクラブに集中し、カップ戦の賞金や放映権料などの収益も5大リーグに集中しています。

 

過去5シーズンのチャンピオンズリーグ成績

時期 優勝 準優勝 ベスト4 5大リーグ以外の
最上位成績
20-21 チェルシー マンチェスター・シティ パリSG、レアル・マドリード ベスト8(ポルト)
19-20 バイエルン・ミュンヘン パリSG ライプツィヒ、リヨン グループステージ敗退
18-19 リバプール トッテナム アヤックス、バルセロナ ベスト4(アヤックス)
17-18 レアル・マドリード リバプール バイエルン・ミュンヘン、ローマ ベスト16(シャフタール他)
16-17 レアル・マドリード ユベントス アトレティコ、モナコ ベスト16(ポルト他)

 

 

過去5シーズンのヨーロッパリーグ成績

時期 優勝 準優勝 ベスト4 5大リーグ以外の
最上位成績
20-21 ビジャレアル マンチェスター・ユナイテッド アーセナル、ローマ ベスト8(ディナモ・ザグレブ他)
19-20 セビージャ インテル マンチェスター・ユナイテッド  シャフタール ベスト4(シャフタール)
18-19 チェルシー アーセナル バレンシア、フランクフルト ベスト8(スラヴィア・プラハ他)
17-18 アトレティコ マルセイユ ザルツブルグ、アーセナル ベスト4(ザルツブルグ)
16-17 マンチェスター・ユナイテッド アヤックス リヨン、セルタ ベスト8(アンデルレヒト他)

今シーズンも、CLそしてELもベスト4まで進みました。

5大リーグ以外のクラブで勝ち残っているのは、CLでは0、ELではレンジャースのみとなっています。

 

そして、5大リーグ以外のクラブは、高額の移籍金を得るために5大リーグに自チームの主力選手を移籍させる流れがあり、経済的にも実力的にも、5大リーグとそれ以外のリーグとの格差はより拡大しています。

 

その格差を少しでも無くしていくために、5大リーグ以外のチームがより多く参加できるよう、このUEFAカンファレンスリーグが創設されました。

 

 

第1回大会は?

2021年9月17日にグループリーグが開幕し、ノックアウト・ステージ、準々決勝、準決勝まで進んでいます。

対戦カードは以下の通りです。

 

準々決勝

 1stレグ

月日 対戦カード
4/8(金) フェイエノールト(オランダ) 3 vs 3 スラヴィア・プラハ(チェコ)
4/8(金) マルセイユ(フランス) 2 vs 1 PAOKサロニカ(ギリシャ)
4/8(金) ボデ・グリムト(ノルウェー) 2 vs 1 ローマ(イタリア)
4/8(金) レスター(イングランド) 0 vs 0 PSV(オランダ)

※日本時間

 

 2stレグ

月日 対戦カード
4/15(金) スラヴィア・プラハ(チェコ) 1 vs 3 フェイエノールト(オランダ)
4/15(金) PAOKサロニカ(ギリシャ) 0 vs 1 マルセイユ(フランス)
4/15(金) ローマ(イタリア) 4 vs 0 ボデ・グリムト(ノルウェー)
4/15(金) PSV(オランダ) 1 vs 2 レスター(イングランド)

※日本時間

 

やはり出場枠は少ないですが、UEFAランキング上位リーグのクラブは残っていますね。

 

UEFAランキング下位のクラブでは、ノルウェーのボデ・グリムトが準々決勝まで残っています。

ボデ・グリムトはグループ・ステージでローマに6-1で大勝し、ベスト16プレーオフでもセルティックに2戦合計で5-1と、強力な攻撃力を発揮しています。

グループ・ステージで大勝したローマと再び対戦することになりましたが、やはりローマの壁は厚かったですね。

 

また、堂安選手が所属しているPSVも残っていましたが、準々決勝でレスターに力負けしてしまいました。

ただ、こういったUEFAランキング下位リーグのクラブが5大リーグのクラブと同レベルの戦いが出来ることこそ、このカンファレンスリーグに期待されていることではないでしょうか。

日本時間5月26日に行われる決勝に進み、記念すべき第1回大会の覇者になるのはどのクラブか、楽しみですね。

 

準決勝

 1stレグ

月日 対戦カード
4/29(金) レスター(イングランド) 1 vs 1 ローマ(イタリア)
4/29(金) フェイエノールト(オランダ) 3 vs 2 マルセイユ(フランス)

※日本時間

 

 2stレグ

月日 対戦カード
5/6(金) マルセイユ(フランス) 0 vs 0 フェイエノールト(オランダ)
5/6(金) ローマ(イタリア) 1 vs 0 レスター(イングランド)

※日本時間

 

準決勝に進んだチームがそれぞれイングランド・イタリア・フランス・オランダとバラバラの国の戦いになったのは面白かったですね。

その中でも、ヨーロッパのリーグとしては、今あまり勢いがないイタリアのローマとオランダのフェイエノールトになったのは、何か意地の様なものを感じてしまします。

 

決勝

月日 対戦カード
5/26(木) ローマ(イタリア)  vs  フェイエノールト(オランダ)

※日本時間

 

 

 

出場権は?

UEFAカンファレンスリーグの特徴は、UEFAランキング下位のリーグにより多くの出場枠が与えられることです。

  • UEFAランキング1~5位:1
  • UEFAランキング6~15位:2
  • UEFAランキング16~50位:3(※リヒテンシュタインは1)
  • UEFAランキング51~55位:2

さらに、そこにチャンピオンズリーグやヨーロッパリーグの予選敗退組が入り、予選・プレーオフを行い、本大会出場32チームを決定します。

 

UEFAランキング1~5位のクラブは予選プレーオフから参戦し、予選を勝ち上がってきたクラブ、ヨーロッパリーグ予選敗退組とプレーオフを戦います。

そして、プレーオフを勝ち上がった22クラブと、ヨーロッパリーグ・プレーオフで敗退した10クラブの32クラブが4クラブごと8グループに分かれて、グループステージを行います。

ノックアウト・ステージ・プレーオフでは、グループステージ2位とヨーロッパリーググループステージ3位のクラブが対戦し、勝ち残った8クラブとグループステージ1位の8クラブでノックアウト・ステージを行います。

 

従来までは、UEFAランキング30位以下のリーグは、国内リーグのチャンピオンしかUEFA主催のカップ戦に出場出来なかったのですが、カンファレンスリーグではUEFAランキング30位以下のリーグに、より多くのクラブに出場枠が与えられています。

 

ちなみに5大リーグですが、ラ・リーガセリエAブンデスリーガは6位のクラブに、リーグ・アンは5位のクラブに、出場権が与えられます。

プレミアリーグはカラバオカップの優勝チームに出場権が与えられますが、今シーズンはリバプールがカラバオカップを制覇したため、おそらく6位または7位のクラブに出場権が与えられることになるでしょう。

 

 

 

レギュレーションは?

大会日程

カンファレンスリーグは以下の日程で進められます。

  • 予選1回戦:7月初旬
  • 予選2回戦:7月下旬
  • 予選3回戦:8月上旬
  • 予選プレーオフ:8月中旬~下旬
  • グループステージ:9月~12月
  • ノックアウト・ステージ・プレーオフ:2月中旬~下旬
  • ノックアウト・ステージ・ベスト16:3月中旬
  • 準々決勝:4月上旬~中旬
  • 準決勝:4月下旬~5月上旬
  • 決勝:5月下旬

ほぼ、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグと同じ流れで進んでいきます。

今シーズンの決勝は、日本時間5月26日、アルバニア・ティラナのアレーナ・コムタバーレで行われます。

 

 

優勝クラブに与えられる資格・賞金

カンファレンスリーグの優勝クラブには、来シーズンのヨーロッパリーグの出場権が与えられます。

ただ、UEFAランキング上位のリーグのクラブが優勝した場合は、リーグ順位に応じて色々調整がされる可能性もあります。

 

さらに、カンファレンスリーグで与えられる賞金は以下の通りです。

  • グループステージ進出:294万ユーロ(約3億9000万円)
  • グループステージ勝利:50万ユーロ(約6700万円)
  • グループステージ引き分け:16万6000ユーロ(約2200万円)
  • ノックアウト・ステージ進出:60万ユーロ(約8100万円)
  • ベスト8進出:100万ユーロ(約1億3500万円)
  • ベスト4進出:200万ユーロ(約2億7000万円)
  • 準優勝:300万ユーロ(約4億500万円)
  • 優勝:500万ユーロ(約6億7500万円)

やはり、チャンピオンズリーグやヨーロッパリーグと比べると少ないですね。

 

プレミアリーグから、今シーズンはトッテナムが出場しましたが、残念ながらグループステージで敗退してしまいました。

カンファレンスリーグで仮にグループステージから全勝で優勝しても、総額1454万ユーロ(約19億5300万円)となり、プレミアリーグの13位で得られる賞金(1520万ポンド:約22億400万円)よりも少ない計算になります。

移動距離も長くなり、また監督交代や新型コロナウイルスの影響などもありましたが、選手の疲労面も考慮して、リーグ戦に集中して、CLまたはEL出場権を得るという決断をしたかもしれません。

UEFAランキング上位リーグのクラブにとっては、カンファレンスリーグは消化試合、また若手の育成的な位置づけになるかもしれません。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は、『UEFAヨーロッパカンファレンスリーグとは?出場権やレギュレーションを徹底調査!』と題してお伝えしました。

 

今シーズンから新たに創設された“UEFAカンファレンスリーグ”ですが、5大リーグとの格差を少なくしていくにはまだ時間がかかるでしょう。

5大リーグのクラブにとっては、消化試合的な意味合いを持つかもしれませんが、5大リーグ以外のクラブにとっては、ヨーロッパ中に、クラブそしてプレイヤーの名を売り込む絶好の機会になります。

これから、“カンファレンスリーグ優勝”を目標に掲げるクラブも出てくるでしょう。

知名度が低い叩き上げのクラブが、5大リーグのクラブを破り、ヨーロッパ中にその名を轟かせる日も近いかもしれません。

“UEFAカンファレンスリーグ”が存在意義を持った大会として継続していくためにも、5大リーグ以外のクラブの活躍に期待したいですね。

いつもありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました