第101回高校サッカー選手権2022石川予選の日程まとめ!優勝候補や注目選手も調査!

高校サッカーファンの皆さん、こんにちは。

夏のインターハイも終わり、冬の選手権に向けた予選が各地でスタートしています。

やっぱり高校サッカーはこの選手権無しでは語れません!

 

という事で今回は石川県予選についてお伝えしていきます。

記事の順番は

  • 全国高校サッカー選手権2022石川県予選の日程
  • 全国高校サッカー選手権2022石川県予選の組み合わせ
  • 全国高校サッカー選手権2022石川県予選の優勝候補
  • 全国高校サッカー選手権2022石川県予選の注目選手
  • まとめ

という順番でお伝えしていきます。

全国高校サッカー選手権2022石川県予選の日程

全国高校サッカー選手権2022石川県予選の日程は以下の通りです。

 

1回戦

2022年9月25日(日)

 

2回戦

2022年10月8日(土)、10月10日(月)

 

3回戦

2022年10月15日(土)、10月16日(日)

 

準々決勝

2022年10月22日(土)、10月23日(日)

 

準決勝

2022年10月29日(土)

 

決勝

2022年11月6日(日)

 

 

 

全国高校サッカー選手権2022石川県予選の組み合わせ

第101回全国高校サッカー選手権石川県大会 トーナメント表(石川県高体連サッカー専門部HPより)
http://soccer-u18.ishikawa.jp/r4sensyuken/a%20leader-board.pdf

 

1回戦

No 月 日 時 間 対戦カード
1 9/25 14:00 大聖寺 × 金沢錦丘
No 月 日 時 間 対戦カード
2 9/25 14:00 小松明峰 × 翠星
No 月 日 時 間 対戦カード
3 9/25 12:00 金沢北陵 × 北陸学院
No 月 日 時 間 対戦カード
4 9/25 10:00 小松市立 × 金沢伏見
No 月 日 時 間 対戦カード
5 9/25 10:00 金沢二水 × 金沢商業
No 月 日 時 間 対戦カード
6 9/25 12:00 志賀鹿西東雲 × 金沢西

 

 

2回戦

No 月 日 時 間 対戦カード
7 10/8 10:00 石川県工 × 羽昨工業
No 月 日 時 間 対戦カード
8 10/10 14:00 松任寺井辰巳丘 × 小松
No 月 日 時 間 対戦カード
9 10/8 14:00 M1の勝者 × 金沢桜丘
No 月 日 時 間 対戦カード
10 10/8 12:00 金沢学院大附 × M2の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
11 10/10 10:00 輪島 × 羽昨
No 月 日 時 間 対戦カード
12 10/10 12:00 小松工業 × 金沢龍谷
No 月 日 時 間 対戦カード
13 10/8 10:00 M3の勝者 × 金沢
No 月 日 時 間 対戦カード
14 10/8 10:00 鵬学園 × M4の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
15 10/10 10:00 七尾 × 飯田
No 月 日 時 間 対戦カード
16 10/10 12:00 金沢市立 × 石川高専
No 月 日 時 間 対戦カード
17 10/8 12:00 M5の勝者 × 小松大谷
No 月 日 時 間 対戦カード
18 10/8 14:00 日本航空石川 × M6の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
19 10/10 12:00 内灘 × 野々市明倫
No 月 日 時 間 対戦カード
20 10/8 12:00 金沢向陽 × 金沢泉丘

 

 

3回戦

No 月 日 時 間 対戦カード
21 10/15 10:00 星稜 × M7の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
22 10/16 14:00 M8の勝者 × M9の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
23 10/16 12:00 M10の勝者 × M11の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
24 10/15 14:00 M12の勝者 × M13の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
25 10/15 12:00 M14の勝者 × M15の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
26 10/16 14:00 M16の勝者 × M17の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
27 10/16 12:00 M18の勝者 × M19の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
28 10/15 12:00 M20の勝者 × 遊学館

 

 

準々決勝

No 月 日 時 間 対戦カード
29 10/22 11:00 M21の勝者 × M22の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
30 10/23 14:00 M23の勝者 × M24の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
31 10/23 11:00 M25の勝者 × M26の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
32 10/22 14:00 M27の勝者 × M28の勝者

 

 

準決勝

No 月 日 時 間 対戦カード
33 10/29 11:00 M29の勝者 × M30の勝者
No 月 日 時 間 対戦カード
34 10/29 14:00 M31の勝者 × M32の勝者

 

 

決勝

No 月 日 時 間 対戦カード
35 11/6 12:05 M33の勝者 × M34の勝者

 

 

 

全国高校サッカー選手権2022石川県予選の優勝候補

埼玉予選の優勝候補として挙げたい高校は、「星稜高」「鵬学園」「遊学館」の3校です。

 

【星稜高】

皆さんも石川県と聞けば、まず思い浮かんでくる伝統校ではないでしょうか。

選手権出場30回、インターハイも出場29回という実績を残し、2014年度の選手権では優勝も成し遂げました。

さらに昨年のインターハイではベスト4に進出し、今年度の世代にも期待がかけられていましたが、今夏のインターハイは初戦で昌平に敗れてしまいました。

 

昨年度のチームでもストライカーとして活躍したキャプテン山下陸が1トップでどっしりと構え、作り出されたスペースを機動力のある福島元基が掻き回し、攻撃的なボランチの平良大研がボールを上手く回していきます。

また守備面でも、GK加藤夕暉やCB高橋大空などが安定感があるプレーを見せ、攻守にバランスの取れたチームとなっています。

 

石川県では圧倒的な存在ではあるものの、過去2大会の選手権では初戦敗退、そしてインターハイも初戦敗退を喫し、改めてチャレンジャーとして選手権に挑戦します。

石川県だけでなく、その先を見据える星稜高の戦いぶりに注目ですね。

 

 

【鵬学園】

星稜に次ぐライバルとして挙げられるのは、鵬学園でしょう。

過去10年間においては、インターハイ予選は星稜が10連覇を果たしていますが、選手権予選では2016年と2019年の2回、星稜を破り、全国への切符を掴んでいます。

 

今夏のインターハイ予選決勝では、星稜に惜しくも1-0で敗れてしまいましたが、準決勝でのエースストライカーの坂本陽斗の骨折というアクシデントもありながら、キャプテン八十島陸翔や2年生CB鈴木樟を中心とした堅守や、右サイドハーフの荒磯快生のスピード溢れる切り込みで主導権を握っていた時間帯もあり、星稜とほぼ互角に渡り合えるチーム力を持っています。

 

これまで星稜を前に苦杯を喫してきましたが、最後の大舞台をかけて、星稜という高い壁を崩し、全国の切符を掴むことが出来るのか、注目です。

 

 

【遊学館】

星稜鵬学園に次ぐ第3勢力の筆頭に挙げられるのは、遊学館です。

今年度、プリンスリーグ北信越に昇格しましたが、星稜帝京長岡富山第一など北信越を代表する名門校や、Jクラブユースとの戦いではやや苦戦を強いられ、現在10チーム中9位に位置しています。

しかし石川県内では、選手権予選は13年連続ベスト4、今夏のインターハイ予選でもベスト4と安定した戦いぶりを見せています。

 

前回の選手権予選準決勝では、星稜に2-5と敗れてしまいましたが、この試合で素早い攻撃の切り替えを見せていた10番の佐藤真之介多田龍心がチームの攻撃の中心を担います。

その一方守備面では、プリンスリーグで大量失点で敗れる試合も多く、課題が残っています。

 

遊学館が全国の切符を取るためには、鵬学園、そして星稜という非常に大きな壁を乗り越えなければいけませんが、前回の選手権予選準決勝の星稜戦の途中まで見せていたような一対一での強さと素早い攻守の切り替えを徹底することが出来れば、この二つの壁を超えることが出来るかもしれません。遊学館の戦いぶりにも注目です。

 

 

 

全国高校サッカー選手権2022石川県予選の注目選手

ここからは、注目の選手をご紹介していきます。

【山下 陸 (やました りく)】

星稜高の3年生。チームのストライカーであり、キャプテンも務めます。

昨年度からストライカーとしてスタメンで起用され、選手権、インターハイ共に得点を記録しました。

今夏のインターハイでも初戦の昌平戦の終了間際に1点を記録しましたが、試合には敗れ、悔しい思いを味わいました。

 

得点力の高さはもちろんのこと、起点となるポストプレーや、前線からの積極的なプレッシングなど献身的なプレーでキャプテンとしてチームを鼓舞していきます。

力強いボールキープや推進力のあるドリブルも持ち味の一つとして挙げられます。

インターハイの初戦敗退の悔しさを、選手権で晴らすことが出来るのか、キャプテンの働きに注目です。

 

 

【平良 大研 (たいら だいと)】

星稜高の3年生。チームでは不動のボランチを務めます。

攻撃性の高いボランチで、足下の技術の高さとパスセンスの高さを生かし、前線に正確なパスを供給するだけでなく、試合展開によっては積極的にミドルシュートでゴールを狙い、ボールを落ち着かせる役割も果たします。

星稜河合伸幸監督からも厚い信頼を寄せられています。

星稜の強力な攻撃陣を操り、支える貴重な存在として、注目ですね。

 

 

【坂本 陽斗 (さかもと はると)】

鵬学園の3年生で、同学年の加納里玖也と共に、1年生の代から強力な2トップを形成してきました。

力強いポストプレーと強烈な左足からのシュートを持ち味とし、ゴールへの積極性が強いストライカーとして今年度も活躍してきましたが、インターハイ予選準決勝で骨折し、決勝の星稜戦は出場できず、チームは敗れてしまいました。

責任感や悔しさは人一倍感じていることでしょう。

 

坂本が出場していれば、もしかしたら結果も変わっていたかもしれないと思わせるほど、彼の存在は鵬学園において大きなものです。

骨折から復帰し、最後の大舞台、全国へと導けるかどうか、注目です。

 

 

 

【八十島 陸翔 (やそしま りくと)】

鵬学園の3年生で昨年度は2年生ながら、チームのキャプテンを務め、今年度もキャプテンとしてチームを引き締め引っ張っていきます。

身長185㎝の恵まれたサイズと身のこなしの軽さを生かし、競り合いの強さと対人の強さを発揮します。

守備面では2年生CBの鈴木樟と共にDFラインを引き締め、気持ちを前面に出したプレーを見せるだけでなくセットプレーの得点源としても期待されており、前回の選手権予選準決勝では終了間際にヘディングで決勝点を決めました。

 

昨年度からチームキャプテンを務めていることもあり、監督やチームメイトからの信頼も厚く、インターハイ予選決勝ではエースストライカーの坂本の欠場がありながらも、八十島を中心とした堅守で星稜を1点に抑える活躍を見せました。

最後の大舞台に向けて、チームをまとめ上げ、全国へと導けるかどうか、注目です。

 

 

【佐藤 真之介 (さとう しんのすけ)】

遊学館の3年生。

チームの10番を務め、前回の選手権予選準決勝では星稜相手に160㎝の小柄なサイズから、素早いドリブルや正確なパスを前線に供給するなど、相手ゴールを脅かす活躍を見せ、前回の選手権予選の優秀選手にも選ばれています。

 

今年度もチームの攻撃の中心を担う役割を果たし、積極的にチャンスメイクしていきます。

星稜鵬学園を脅かすことが出来るのか、活躍に注目です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は全国高校サッカー選手権2022石川県予選の日程と組み合わせに加えて、優勝候補、注目選手をご紹介しました。

 

優勝候補には、選手権優勝経験もある伝統校星稜高に加え、インターハイ予選準優勝の鵬学園星稜と共にプリンスリーグ北信越に参加している遊学館を挙げました

その他、金沢金沢桜丘高、日本航空石川高、金沢市立高などが選手権の切符を争うことになるでしょう。

やはり星稜を中心に回っていくと予想されますが、インターハイ予選でも、準々決勝では2-1、準決勝では1-0、決勝では1-0と、勝負強さは見せていますが、圧倒的な力の差があるわけではないようですね。

 

星稜が勝負強さを見せて勝ち上がっていくのか、あるいはどこが番狂わせを起こしうるのか、注目ですね。

注目選手は、星稜高校の山下陸選手、平良大研選手、鵬学園坂本陽斗選手、八十島陸翔選手、遊学館佐藤真之介選手をご紹介しました。

石川県予選を制し、本大会での躍進を果たすのはどこのチームになるか楽しみですね!

いつもありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました