第101回高校サッカー選手権2022神奈川予選の日程まとめ!優勝候補や注目選手も調査!

高校サッカーファンの皆さん、こんにちは。

 

夏のインターハイも終わり、全国各県で冬の選手権の予選が始まっています。

最後の大舞台に向けた熱い戦いが繰り広げられるでしょう。

今回は、全国随一の激戦区、神奈川県予選についてお伝えしていきます。

 

神奈川県は、インターハイでは出場枠2を与えられていますが、選手権では出場枠1になります。加えて、過去5年間で連続出場を果たしている高校はなく、今大会もどこが優勝するのか分かりません。

 

全国でもハイレベルな出場権争いが繰り広げられるでしょう。

今回の記事の順番は

  • 全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の日程
  • 全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の組み合わせ
  • 全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の優勝候補
  • 全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の注目選手
  • まとめ

という順番でお伝えしていきます。

全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の日程

全国高校サッカー選手権2022埼玉予選の日程は以下の通りです。

 

1回戦

2022年7月2日(土)、7月3日(日)

 

2回戦

2022年7月9日(土)、7月10日(日)

 

3回戦

2022年7月16日(土)

 

ブロック決勝

2022年7月18日(月)

 

2次予選

1回戦

2022年9月10日(土)、9月11日(日)

 

2回戦

2022年9月17日(土)、9月18日(日)

 

3回戦

2022年10月22日(土)

 

準々決勝

2022年10月30日(日)

 

準決勝

2022年11月5日(土)

 

決勝

2022年11月13日(日)

 

 

 

全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の組み合わせ

1次予選

〈1回戦〉

月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 横浜学園 1 vs 2 横浜栄
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 聖光学院 0 vs 1 新栄
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 藤沢西 1 vs 0 海老名
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 生田東 1 vs 2 七里ガ浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 伊勢原 1 vs 0 横須賀工・三浦初声・横須賀南・海洋科学
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 厚木東・厚木商 0 vs 2 横須賀学院
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 上鶴間 3 vs 0 藤嶺藤沢
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 逗子開成 2 vs 0 関東学院
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 大磯 0 vs 1 中大附横浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 森村学園 1 vs 2 市立川崎
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 横浜清陵 0 vs 1 岸根
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 綾瀬西 2 vs 1 横浜翠陵
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 多摩 3 vs 1 伊志田
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 小田原城北工 1 vs 3 瀬谷西
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 金井 1 vs 0 横浜翠風
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 逗葉 5 vs 0 舞岡
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 綾瀬 3 vs 1 向の岡工
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 青山学院横浜英和 0 vs 10 相模原総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 県立商工 0 vs 2 秦野総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 足柄 0 vs 2 横浜修悠館
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 横浜緑ヶ丘 1 vs 2 神奈川朝鮮
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 大船 2 vs 0 山北
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 新羽 1 vs 3 横須賀大津
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 保土ヶ谷 0 vs 1 霧が丘
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 港北 3 vs 1 座間総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 橋本 1 vs 3 永谷・横浜桜陽・横浜旭陵
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 横浜商 2 vs 0 津久井浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 藤沢工科 1 vs 6 百合丘
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 生田 7 vs 0 神奈川大附
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 茅ヶ崎 2 vs 1 逗子
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 平塚中等教育 3 vs 1 西湘
月 日 対 戦 カ ー ド
7/2 有馬 0 vs 1 城山
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 鶴見 8 vs 0 白修館
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 厚木西 3 vs 0 神奈川工
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 相模原中等教育 0 vs 5 小田原
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 平塚江南 5 vs 1 白山
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 藤沢総合 0 vs 3 公文国際学園
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 平塚湘風 0 vs 5 湘南台
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 麻溝台 8 vs 1 川崎総合科学
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 旭丘 0 vs 3 厚木
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 柏陽 4 vs 1 鶴見大附
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 桐蔭中等教育 5 vs 0 愛川・厚木清南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 麻生総合 0 vs 2 鶴見総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 横浜緑園総合 1 vs 2 横浜サイエンスフロンティア
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 横浜国際 0 vs 2 横浜立野
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 湘南 2 vs 0 横浜南陵
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 大和南 7 vs 0 相原・津久井
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 瀬谷 2 vs 0 新城
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 釜利谷 0 vs 8 湘南学園
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 横浜氷取沢 4 vs 0 神奈川総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 菅 2 vs 0 市立高津
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 柏木学園 0 vs 4 山手学院
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 茅ヶ崎北陵 1 vs 2 追浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 東 3 vs 1 茅ヶ崎西浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 金沢総合 4 vs 2 上溝
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 上矢部 2 vs 5 高浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 相模田名 0 vs 4 南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 県立川崎 0 vs 1 関東学院六浦
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 深沢 2 vs 7 元石川
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 アレセイア湘南 2 vs 1 横浜平沼
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 大井・小田原東・平塚農商 0 vs 4 市立幸
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 川和 2 vs 1 城郷
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 秦野曽屋 7 vs 2 寒川
月 日 対 戦 カ ー ド
7/3 二宮 3 vs 2 藤沢翔陵

 

 

〈2回戦〉

月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 横須賀学院 0 vs 9 光明相模原
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 星槎国際湘南 4 vs 0 上鶴間
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 公文国際学園 1 vs 1 逗子開成 (PK 4-5)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 鎌倉学園 2 vs 2 岸根 (PK 3-4)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 橘学苑 5 vs 0 鶴見総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 横浜サイエンスフロンティア 0 vs 7 麻生
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 市ヶ尾 6 vs 1 横浜立野
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 藤沢清流 10 vs 2 瀬谷西
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 桜丘 2 vs 0 湘南学園
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 上溝南 0 vs 3 逗葉
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 秦野総合 3 vs 0 横浜修悠館
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 菅 1 vs 1 横浜 (PK 1-4)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 光陵 1 vs 0 山手学院
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 横須賀大津 0 vs 0 南 (PK 2-4)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 茅ヶ崎 0 vs 5 横須賀
月 日 対 戦 カ ー ド
7/9 平塚中等教育 3 vs 2 市立幸
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 慶應藤沢 1 vs 2 鶴見
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 厚木西 0 vs 0 横浜 (PK 5-4)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 横浜清風 6 vs 0 新栄
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 藤沢西 1 vs 0 鵠沼
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 旭 2 vs 0 小田原
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 七里ガ浜 2 vs 0 平塚江南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 向上 6 vs 0 伊勢原
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 住吉 5 vs 0 湘南台
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 中大横浜 2 vs 1 希望ヶ丘
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 横浜隼人 1 vs 0 市立川崎
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 麻溝台 3 vs 0 厚木
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 綾瀬西 0 vs 1 サレジオ学院
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 川崎北 0 vs 0 柏陽 (PK 8-9)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 桐蔭中等教育 0 vs 1 多摩
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 湘南 2 vs 1 大和南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 瀬谷 3 vs 0 松陽
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 金井 0 vs 3 多摩
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 綾瀬 0 vs 5 荏田
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 立花学園 2 vs 1 相模原総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 磯子工 0 vs 15 横浜氷取沢
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 追浜 2 vs 0 神奈川朝鮮
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 東 4 vs 0 金沢総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 大船 1 vs 2 大師
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 横浜商大高 16 vs 0 高浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 霧が丘 2 vs 1 永谷・横浜桜陽・横浜旭陵
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 港北 2 vs 0 栄光学園
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 相模原 1 vs 2 関東学院六浦
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 横浜商 2 vs 5 元石川
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 百合丘 1 vs 1 生田 (PK 2-3)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 鶴嶺 10 vs 2 アレセイア湘南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 川和 2 vs 1 秦野曽屋
月 日 対 戦 カ ー ド
7/10 城山 2 vs 1 平塚工科

 

 

〈3回戦〉

月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 鶴見 5 vs 1 厚木西
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 横浜清風 1 vs 0 藤沢西
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 旭 2 vs 0 七里ガ浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 向上 0 vs 4 光明相模原
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 星槎国際湘南 2 vs 0 逗子開成
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 住吉 2 vs 1 中大附横浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 横浜隼人 4 vs 0 麻溝台
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 岸根 3 vs 1 サレジオ学院
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 柏陽 2 vs 0 多摩
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 橘学苑 4 vs 1 麻生
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 市ヶ尾 1 vs 0 湘南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 藤沢清流 0 vs 0 瀬谷 (PK 2-3)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 桜丘 6 vs 0 二宮
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 逗葉 1 vs 0 荏田
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 立花学園 1 vs 2 秦野総合
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 横浜氷取沢 0 vs 4 横浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 光陵 1 vs 0 追浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 東 2 vs 0 大師
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 横浜商大高 7 vs 0 南
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 霧が丘 1 vs 1 港北 (PK 7-8)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 関東学院六浦 1 vs 2 元石川
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 生田 1 vs 1 横須賀 (PK 2-4)
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 鶴嶺 2 vs 1 平塚中等教育
月 日 対 戦 カ ー ド
7/16 川和 8 vs 1 秦野総合

 

 

〈ブロック決勝〉

月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 鶴見 3 vs 2 横浜清風
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 旭 2 vs 0 光明相模原
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 星槎国際湘南 0 vs 1 住吉
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 横浜隼人 2 vs 1 岸根
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 柏陽 2 vs 1 橘学苑
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 市ヶ尾 3 vs 1 瀬谷
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 桜丘 1 vs 0 逗葉
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 秦野総合 1 vs 2 横浜
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 光陵 0 vs 3 東
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 横浜商大高 9 vs 0 港北
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 元石川 0 vs 1 横須賀
月 日 対 戦 カ ー ド
7/18 鶴嶺 0 vs 1 川和

 

 

2次予選

令和4年度 第101回全国高校サッカー選手権大会 神奈川県2次予選 組み合わせ(神奈川県サッカー協会HPより)
https://www.kanagawa-fa.gr.jp/h_school/2022/pdf/alljpn-hs2022-02.pdf

 

〈1回戦〉

No 月日 対戦カード
1 9/10 横浜商大高 1 vs 2 座間
No 月日 対戦カード
2 9/10 浅野 1 vs 5 鶴見
No 月日 対戦カード
3 9/11 桜丘 0 vs 4 慶應義塾
No 月日 対戦カード
4 9/10 武相 4 vs 2 住吉
No 月日 対戦カード
5 9/11 東 2 vs 2 大和西 (PK 4-5)
No 月日 対戦カード
6 9/10 横浜 0 vs 1 市ヶ尾
No 月日 対戦カード
7 9/11 鎌倉 2 vs 0 横須賀
No 月日 対戦カード
8 9/10 柏陽 1 vs 2 麻布大附
No 月日 対戦カード
9 9/10 秦野 0 vs 3 旭
No 月日 対戦カード
10 9/11 横浜隼人 4 vs 0 大和
No 月日 対戦カード
11 9/10 日大高 5 vs 0 川和

 

 

〈2回戦〉

No 月日 対戦カード
12 9/17 戸塚 1 vs 3 横須賀総合
No 月日 対戦カード
13 9/18 相模原弥栄 1 vs 1 座間 (PK 3-5)
No 月日 対戦カード
14 9/18 鶴見 0 vs 6 東海大相模
No 月日 対戦カード
15 9/17 法政二 0 vs 1 慶應義塾
No 月日 対戦カード
16 9/17 武相 0 vs 2 横浜創学館
No 月日 対戦カード
17 9/18 平塚学園 3 vs 1 大和西
No 月日 対戦カード
18 9/17 市ヶ尾 1 vs 11 橘
No 月日 対戦カード
19 9/18 鎌倉 0 vs 2 湘南学院
No 月日 対戦カード
20 9/17 横浜創英 8 vs 0 麻布大附
No 月日 対戦カード
21 9/18 旭 0 vs 3 桐光学園
No 月日 対戦カード
22 9/17 相洋 2 vs 1 横浜隼人
No 月日 対戦カード
23 9/17 日大高 1 vs 2 三浦学苑
No 月日 対戦カード
24 9/18 厚木北 2 vs 0 金沢

 

 

〈3回戦〉

No 月日 対戦カード
25 10/22 湘南工大附 vs 横須賀総合
No 月日 対戦カード
26 10/22 座間 vs 東海大相模
No 月日 対戦カード
27 10/22 慶應義塾 vs 横浜創学館
No 月日 対戦カード
28 10/22 平塚学園 vs 橘
No 月日 対戦カード
29 10/22 桐蔭学園 vs 湘南学院
No 月日 対戦カード
30 10/22 横浜創英 vs 桐光学園
No 月日 対戦カード
31 10/22 相洋 vs 三浦学苑
No 月日 対戦カード
32 10/22 厚木北 vs 日大藤沢

 

 

〈準々決勝〉

No 月日 対戦カード
33 10/30 M25の勝者 vs M26の勝者
No 月日 対戦カード
34 10/30 M27の勝者 vs M28の勝者
No 月日 対戦カード
35 10/30 M29の勝者 vs M30の勝者
No 月日 対戦カード
36 10/30 M31の勝者 vs M32の勝者

 

 

〈準決勝〉

No 月日 対戦カード
37 11/5 M33の勝者 vs M34の勝者
No 月日 対戦カード
38 11/5 M35の勝者 vs M36の勝者

 

 

〈決勝〉

No 月日 対戦カード
39 10/22 M37の勝者 vs M38の勝者

 

 

 

全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の優勝候補

神奈川予選の優勝候補として挙げたい高校は、「湘南工大附」「日大藤沢」「桐光学園」の3校です。

 

【湘南工大附属】

まず優勝候補の筆頭に挙げられるのは、インターハイベスト8の湘南工大附属です。

かつては相模工大附として、73年、74年度の選手権で2年連続3位、81年度のインターハイで3位という実績を誇る名門でしたが、長らく全国の舞台から遠ざかっていました。

昨年のインターハイ予選では準決勝で敗れ、全国まであと一歩手が届かなかったですが、今年度のインターハイ予選では、準々決勝で昨年敗れた相洋にリベンジを果たし、準決勝で桐蔭学園を破り、現校名では初、実に34年ぶりのインターハイ出場権を獲得しました。

 

インターハイは初戦で九州国際大付属に4-0で勝利し、続く3回戦では履正社をPK戦の末破り、ベスト8進出をはたしました。

惜しくも準々決勝では昨年度のインターハイ準優勝校の米子北に0-3で敗れてしまいましたが、校名変更後初、34年ぶりのインターハイ出場で再び名門復活の狼煙を上げる活躍を見せてくれました。

 

湘南工大附属室井雅志監督は「神奈川県で一番ボールを動かしてサッカーできるチームになりたい」と、ポゼッションとボールを動かす質を追求し、キャプテンの三浦翔遼人を中心とした最終ラインの堅守とビルドアップの質の高さや、中盤の小島大和村岡遊を中心としたパス回し、2年生の中山陽輝やインターハイ得点王の大木啓汰ら突破力のある前線のタレントを融合させ、総合力の高いチームを作り上げてきました。

 

選手権出場となれば、1980年、第59回大会以来、実に42年ぶりの出場となります。

神奈川県を制し、再び全国にその名を轟かせることが出来るのか、注目です。

 

 

【日大藤沢】

2017年度のインターハイでは準優勝の成績を収め、全国でも強豪校の一つとして数え上げられます。

今年度は、春の関東大会県予選では決勝で桐光学園に敗れ準優勝、インターハイ予選では、決勝で湘南工大附属に敗れ準優勝と、あと一歩で優勝に届かない状況が続いています。

インターハイでは初戦で丸岡高に敗れてしまいましたが、8月の和倉ユースでは青森山田を破るなど、全国でも引けを取らないチーム力を有しています。

 

前線には清水入団が内定した身長198㎝の森重陽介を中心に、最終ラインはU-17日本代表候補のアッパ勇輝、期待の2年生CBの宮崎達也、同じく2年生LSBの尾野優日、ボール奪取能力が高い野澤勇飛と豊富な運動量が武器の宗次柊磨のボランチコンビなど、各ポジションにタレントが揃い、全国でもトップクラスの選手層を誇ります。

インターハイでは惜しくも初戦敗退となってしまい、今年度も主要大会では準優勝が続いています。選手権予選で優勝し、全国の切符を掴むことが出来るのか注目です。

 

 

【桐光学園】

前回の選手権予選優勝校であり、全国でもベスト8に進出。

今年度も春の関東大会予選では日大藤沢を破り、優勝を遂げました。

しかしインターハイ予選では、準々決勝でにPK戦の末に敗れ、インターハイ出場を逃してしまいました。

 

インターハイはまさかの県予選ベスト8止まりとなってしまいましたが、春の関東大会予選では湘南工大附属日大藤沢を破り優勝を成し遂げており、選手権でもこの2校と激しい出場権争いを繰り広げることでしょう。

前回の選手権を経験したキャプテンの豊田怜央を中心としたDFラインは、桐光学園伝統の堅守を誇り、RWBの1年生杉野太一や1トップの2年生宮下拓弥など、1・2年生も積極的に起用し、結果を残しています。

 

前回の選手権ベスト8の経験に加え、1・2年生の勢いも加えた伝統校の桐光学園は強さを発揮し、昨年に続いて連続出場を果たすことが出来るのか、注目です。

 

 

 

全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の注目選手

ここからは注目選手をご紹介いたします。

 

【大木 啓汰 (おおき けいた)】

湘南工大附属の3年生で今夏のインターハイの得点王(4得点)に輝き、優秀選手にも選出されました。

インターハイでは初戦の九州国際大付戦で後半だけでハットトリックを記録し、続く履正社戦でもゴールを決め、初の全国の舞台で圧巻の活躍を見せました。

 

室井監督も「彼のハットトリックは見たことない。想定外ですね。」とコメントしていますが、動き出しの良さに磨きがかかり、パス精度の高い中盤からのボールを受けるポジショニングの良さも評価しています。

大木の動きは、湘南工大附属が目指してきた、動き出しの質の高いポゼッションサッカーを体現するのに不可欠なものといえるでしょう。

インターハイでの活躍を、選手権でも見せることが出来るのか、最後の大舞台に向けての活躍に注目です。

 

 

【三浦 翔遼人 (みうら はるひと)】

湘南工大附属の3年生でチームのキャプテンを務めるDFリーダーです。

身長174㎝とCBとしては小柄な部類に入るものの、対人戦の強さを誇り、粘り強い守備を見せます。

 

そして何よりも評価されているのは、チームのキャプテンとしてのメンタリティー、人間性です。

室井監督も「彼のキャプテンシーは凄い」と、絶大の信頼を寄せており、劣勢になっていても最後方から積極的に声を出し、チームを鼓舞していき、リーダーとして揺るぎない姿勢を示しています。

 

チームの大黒柱として、最後の大舞台となる選手権には、並々ならぬ決意を抱いていることでしょう。

キャプテン三浦を中心に、チーム一丸となって、激戦区を勝ち抜き全国の切符を勝ち取ることが出来るのか、注目です。

 

 

【森重 陽介 (もりしげ ようすけ)】※清水加入内定

日大藤沢の3年生で先日、来季からのJ1清水への加入内定が発表されました。

身長198㎝という他を抜きん出るサイズを誇り、CFだけでなくCBでも対応可能な二刀流として注目されています。

足元の技術の高さ、キックの精度の高さ、シュート力の高さなどには定評があり、スピードも水準以上のものを兼ね備えています。

インターハイでは初戦敗退に終わったものの、ボールキープ力の高さを生かし、先制点となるPKに繋がりました。

 

同世代では圧倒的なスケールの大きさを誇る森重の存在には当然注目が集り、相手のチェックも激しくなることでしょう。

それでも、相手の上回る高さを生かし、全国へとチームを導くことが出来るのか注目です。

 

 

【尾野 優日 (おの ゆうひ)】

日大藤沢の2年生で完成度の高い左サイドバックとして注目されています。

高校進学後にウイングから左サイドバックに転向し、積極的な攻撃参加や運動量を誇り、2年生ながら、LSBのレギュラーに定着しました。

 

切れ味鋭いドリブルで敵陣深くに攻め込み、クロスの質も高く、身長198㎝のハイタワー森重に合わせるフワッとしたボールや、時には低く速いクロスを供給し、多彩なパターンを見せます。

守備対応でもまずまずの守備を見せ、今年度だけでなく、来年度も注目を集める存在として成長が期待されています。

尾野の左サイドからの積極的な仕掛けは、日大藤沢の攻撃の大きな武器の一つともなっています。

選手権でも物怖じせず伸び伸びとしたプレーを期待したいですね。

 

 

【豊田 怜央 (とよだ りょう)】

桐光学園の3年生でU-17高校選抜にも選出されたユーティリティプレーヤーです。

前回の選手権ではダブルボランチの一角として起用され、守備の強さはもちろん、スペースへの飛び出しからゴールを奪っていました。

U-17高校選抜では、右サイドバックとして起用され、攻守両面で高い能力を見せていました。

 

今年度のチームでは、3バックの中央を務め、チームの中心として、下級生たちを引っ張る活躍を見せています。

インターハイではまさかの県予選ベスト8で終わり、豊田自身も、より悔しさを感じているのではないでしょうか。

昨年度のベスト8を超えるためにも、チームを最後方から支える豊田の活躍には特に注目です。

 

 

 

まとめ

いかがでしたか。

 

今回は全国高校サッカー選手権2022神奈川予選の日程と組み合わせに加えて、優勝候補、注目選手をご紹介しました。

 

優勝候補にはインターハイベスト8の湘南工大附属、インターハイ出場の日大藤沢に加え、桐光学園を挙げました

その他、プリンスリーグ関東2部で戦う桐蔭学園、インターハイ予選ベスト4の高、昨年度のインターハイ出場校の東海大相模相洋横浜創英平塚学園、三浦学苑横浜創学館などが選手権の切符を争うことになるでしょう。

 

前回大会の選手権予選や、今夏のインターハイ権予選でも、準々決勝以降は僅差での決着やPK戦にまで持ち込まれる展開が多くみられ、各高校の実力差が拮抗し、圧倒的に抜きんでた存在がいません。

どこが選手権の切符を掴むのか、他県よりも早い段階から、目が離せない注目の試合が見られるでしょう。

 

注目選手は、湘南工大附大木啓汰選手、三浦翔遼人選手、日大藤沢森重陽介選手、尾野優日選手、桐光学園豊田怜央選手をご紹介しました。

全国随一の激戦区神奈川県を制し、本大会での躍進を果たすのはどこのチームになるか楽しみですね!

いつもありがとうございます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました